幸福に生きるヒント



生活を楽しむヒント

気分転換のヒント

ストレスケアのヒント

やりたいことのヒント

人間関係のヒント

問題解決のヒント

目標達成のヒント

自分とのつきあいのヒント

自分を強くするヒント

生きがいについて

スローライフ

幸福論のページ



 「過去の幸福のヒント

今日の幸福のヒント 今ある一つの幸せを大切にする

 『老子』(小川環樹・訳注)をヒントに考える“幸せの道”。

もっているものが少ない人は、それだけ得やすい。
 多くをもつ人は惑いやすい。
 幸せの達人は、今ある一つの幸せを大切にする

  (『老子』第22章「少則得、多則惑、是以聖人抱一」)

 もっているもの(物・人・事)が少ない人は、それだけ幸せを得やすいでしょう。
 もっていない物がたくさんあるのですから、何かを得る幸せを感じやすいでしょう。
 人とのつきあいが少なければ、人との出会いを大切にできるし、他の(自分が幸せになれる)ことを大切にすることも可能です。
 やることが少なければ、自由な時間が多く、幸せになれることをしやすいでしょう。

 もっているもの(物・人・事)が多い人は、それだけ不自由になるのではないでしょうか。
 もっている物が多ければ、それを置く場所が必要だし、その管理に時間やお金がかかるかもしれません。
 人づきあいが多い人は、それだけ自由な時間・一人の時間があまりなく、そういう幸せな時間は少ないでしょう(もちろん、家族の団らん、恋愛、友達づきあいなどが幸せなら、それはそれでいいのですが)。
 やることが多い忙しい人は心の余裕をなくし、幸せを感じにくくなりがちです。

 たくさんのもの(物・人・事)があっても、一時に楽しめるものには限りがあります。
 また、一時に幸せを感じられるのは一つだけです。
 そして、幸せを感じられるのは今ある幸せ(今もっている幸せ、今出合えた幸せ、今やれる幸せなど)だけです。
 ですから、今ある一つの幸せを大切に感じることが大事なのです。そういう幸せを一つ一つつないでいけると、なおいいでしょう。

 幸せになるためには、そんなにたくさんのものは必要ないのだと思います。自分が幸せに暮らすために十分なものがあれば、それ以上求めずに、今ある幸せを大切にしたほうがいいのではないでしょうか。





10月18日 「人のため」は「自分のため」

10月17日 自分にやさしくする

10月16日 やる気を出す工夫をする

10月15日 感謝できない理由

10月14日 幸福にしたい人がいるから

10月13日 幸せという目標

10月12日 ものの見方・考え方


    悩みのヒント

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せになる考え方

ハオハオの森


幸せのホームページ 本多時生( honda@shiawasehp.net)