幸福に生きるヒント



生活を楽しむヒント

気分転換のヒント

ストレスケアのヒント

やりたいことのヒント

人間関係のヒント

問題解決のヒント

目標達成のヒント

自分とのつきあいのヒント

自分を強くするヒント

生きがいについて

スローライフ

幸福論のページ



 「過去の幸福のヒント

今日の幸福のヒント 健康と幸不幸

 “健康”は、それ自体が大きな幸せの一つであり、それ以外の多くの幸せの基盤でもあります。
 健康だからできることがたくさんあり、健康だから味わえる幸せもたくさんあるのです。

 健康状態が(心地よさを感じられるぐらい)いいと、気分よく過ごしやすいでしょう。気分がいいと、幸せになる考え方や行動がしやすくなります。
 反対に、健康状態が悪いと、悪い気分で過ごしやすくなり、不幸になる考え方や行動をしやすくなります。大きい病気やケガは、日常生活に支障をきたし、不幸につながることもあります。

 幸福感があるとき、脳内にはセロトニンドーパミンオキシトシンのような脳内物質(幸せホルモン)が分泌されています。
 セロトニンには、身体の調子を整える働きと、気分や感情をコントロールする働きがあります。
 ドーパミンは、運動や学習の機能・制御の向上に関与し、意欲・やる気・集中力を高める働きもあります。
 オキシトシンが分泌されると、心が癒され、不安や恐怖心が減少します。また、他者への親近感、信頼感が増し、社交的になります。
 これらの脳内物質の働きは、不幸にならないため、幸せになるために役立つでしょう。
 また、「幸福感は良薬不幸感は毒」と言う研究者もいます。

 幸せに暮らすためには、心身の健康をキープすることが大事です。
 また、幸せを感じることが心身の健康にいいのです。
 健康で幸せに生きられるようになるといいのではないでしょうか。





3月26日 好き嫌い

3月25日 考えすぎないとは

3月24日 工夫

3月23日 “一人”についての考え方

3月22日 自分の価値

3月21日 私にはこういうクセがある

3月20日 無い不幸?/有る幸福


    悩みのヒント

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せになる考え方

ハオハオの森


幸せのホームページ 本多時生( honda@shiawasehp.net)